世田谷区 赤堤(あかつつみ)

赤堤の地理

赤堤(あかつつみ)は世田谷区の北部に位置する高級住宅街です。
人気が高い世田谷区の住宅街の中でも赤堤は特に交通の便に恵まれ、町域の北側を京王線が、南側を小田急線がそれぞれ東西に伸び、町域の中央を東急世田谷線が縦断して両線を結ぶという贅沢な環境となっていることから高い人気を誇ります。
「赤堤」の地名の由来は、かつてこの地に構えられていた陣屋が、北沢川の防水のために堤を築いており、その堤が赤土でできていたことから「赤堤」と呼ばれるようになったといわれています。


ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください

赤堤の特徴

赤堤の特徴は、町域の北西部を取り巻く日本大学の広大な緑地、赤堤けやき公園、赤松公園、区立松沢中学や都立松原高校の校庭、北沢川の長い緑道など、開放感あふれる空間がふんだんにあることです。
駅周辺は商業施設がにぎわっていますが、それらは住宅地とは隔絶しており、一歩住宅地に足を踏み入れると、ゆったりとした落ち着きのある住空間が広がります。
赤堤の住宅地は区画あたりの敷地が広く、立派な庭木があちこちの住宅でみられます。
高級物件の不動産も少なくありません。「世田谷区屈指の高級住宅街」と呼ばれるゆえんはこのあたりにあるようです。

赤堤の立地・魅力

赤堤は1丁目から5丁目までで構成されていますが、お住まいの場所によって最寄り駅は京王線下高井戸駅、小田急線小田原線豪徳寺駅・経堂駅、または東急世田谷線松原駅となります。しかし、3線ともに町域のどこからでもほぼ徒歩圏内といって差し支えないでしょう。
京王線を利用すれば、下高井戸駅から新宿駅までの所要時間はおよそ10分。
一駅東の明大前駅で京王井の頭線に乗り換えれば渋谷駅まではおよそ15分です。
小田急小田原線を利用する場合は豪徳寺駅から新宿駅までおよそ16分。
中に東京メトロ千代田線への乗り換えができる代々木上原駅などもあり、こちらも利便性の高い路線です。
東急世田谷線は三軒茶屋駅から下高井戸駅までを結ぶ路面電車で、三軒茶屋駅では東急田園都市線へ乗り換えられます。
町域の北側では甲州街道と首都高速4号新宿線がほど近く、車による通勤や移動にも利便性の高い立地といえます。





無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ