目黒区 都立大学(とりつだいがく)

都立大学の地理

都立大学は目黒区南西部にある住宅街で、最寄り駅となる都立大学駅から北~東方面へ広がっています。
周辺の高級住宅地としては柿の木坂、緑が丘、碑文谷などが挙げられ、南側で自由が丘と接しています。
都立大学駅は東急東横線の駅で、一駅南の自由が丘駅で東急大井町線に、二駅南の田園調布駅で東急目黒線に乗り換えられます。
また三駅北に中目黒駅、五駅北に渋谷駅があり、都心方面・横浜方面へのアクセスは非常に快適です。
近辺に環七通り・目黒通りも走っていて、お車での移動にも便利なエリアでしょう。


ブランド力のある高級住宅地に関心をお持ちの方へ
東京都心の高級住宅地での住宅購入なら住建ハウジングにお任せください

都立大学の特徴

お隣の自由が丘に大規模な商業地があるためか、都立大学周辺はしっとりとした閑静な高級住宅地が広がっています。

ランドマークは、地名の由来にもなっている東京都立大学(多摩ニュータウンへ移転)跡地に建設された「めぐろ区民キャンパス」。
1200席の大ホールや体育館などの公共施設が集中しています。
また、都立大学は柿の木坂支流、駒沢支流、呑川本流という3本の暗渠(地下の川)の合流地点でもあります。
暗渠の上は緑豊かな遊歩道となっており、道端にはベンチや桜並木、花壇などが整備され、春には桜の名所となります。
都会の喧騒を忘れ、ほっと一息つける憩いの場。
都立大学にはそんな穏やかな雰囲気があふれています。





無料会員登録
無料会員登録で動画無料!

ページトップへ