代々木上原(よよぎうえはら)憧れだけじゃない高級住宅地の素顔

新宿から小田急小田原線で4駅、代々木公園の西に位置する代々木上原は、駅周辺と井の頭通り付近の商業地域に加え、その周囲に広がる住宅地からなるエリアです。
商店街には古くからの商店も残っていますが、こぢんまりとした個人経営の店も多数あり、住人だけでなく、ほかの街から遊びに来るエリアとなっています。
利便性の高さから賃貸物件も目立ちますが、一本奥に入ると余裕のある敷地を持つ邸宅が立ち並び、渋谷区の中でも隠れた高級住宅街といえるでしょう。

電車もバスも新宿・渋谷へ直通の好立地

神奈川県西部と新宿を結ぶ小田急小田原線と、大手町方面に向かう東京メトロ千代田線の乗り換えに便利な代々木上原駅は、わずか4つのホームしかありませんが、1日の乗降客数は約25万人となっています(2015年度・小田急電鉄調べ)。
渋谷方面へのアクセスも、ここから2駅の下北沢駅を使えば楽ということもあり、特に通勤通学の時間帯は賑わっています。

また、駅を出てすぐの井の頭通りには、区のコミュニティバスである「ハチ公バス」の停留所があり、富ヶ谷を経由して渋谷駅に直接出ることが可能です。
路線バスも京王バスによる笹塚方面の路線があるほか、朝は渋谷駅、夜間は大原や永福町に向かう変則的な路線も通っています。
さらに、東急バスの渋谷駅と幡ヶ谷折返所を結ぶ路線も使用可能ですから、通勤はもちろん、買い物などの移動で困ることはないでしょう。
しかし、バスはいずれも1時間に2~3本と本数は少なめです。
急いでいるときは捕まえやすいタクシーを利用しても良いでしょう(新宿や渋谷までの運賃は1,200~1,500円程度)。

駅周辺でほぼすべてをまかなえる便利な街

日常の買い物が便利なことも、代々木上原の良いところです。
駅ビルは「アコルデ代々木上原」という商業施設となっていて、スーパーマーケットの「Odakyu OX」をはじめ、ドラッグストアの「トモズ」、大型書店の「文教堂」、レンタルショップの「ゲオ(GEO)」などがあり、日々の生活に必要なアイテムはここだけでほぼそろってしまいます。
さらに、歯科や整骨院、スポーツクラブ、銀行のほか、ファストフードや居酒屋などの飲食店と、駅ビルがひとつの商店街のような状態です。

ほかにも、スーパーマーケットは線路を挟んで「マルエツ」と「丸正」、ドラッグストアも「ココカラファイン」が東口から徒歩1分ほどのところにありますので、駅から家に帰る際に利用しやすいでしょう。
また、カフェやレストラン、居酒屋も多く、どちらかというとチェーン店より個人店が目立っていますので、お気に入りの一軒を見つける楽しみもあります。
休日は街を散歩のついでに、平日の夜はフラッと入れるお店と出会えることは、都内のほかの高級住宅地にはあまりない、代々木上原ならではのポイントです。
そのほかの施設ですが、銀行は三菱東京UFJ銀行しかありません。
それでも、出張所やATMコーナーはそろっていて、郵便局も線路の両側に1ヵ所ずつありますので不自由を感じることはないでしょう。
病院は、いわゆるクリニックが駅の周辺に数ヵ所ありますので、ちょっとした風邪や予防接種などについては問題ありません。

スポーツや子育てに向いている自然環境と施設

自然環境は駅前にはほとんどありませんが、少年野球場を併設する渋谷区立代々木大山公園や目黒区の駒場公園、東京大学駒場キャンパスも徒歩圏といえる距離にあり、子供と遊んだり、ペットを遊ばせたりすることはもちろん、都会の喧噪を離れてのんびりできる自然豊かな場所はたっぷりあります。
また、渋谷区スポーツセンター運動場と代々木西原公園庭球場も近く、スポーツを楽しむ環境も整っています。
井の頭通りを少し行けば代々木公園という立地は、ジョギングやサイクリングで汗を流したい人にぴったりです。
さらに、笹塚方面には玉川上水の緑道など、散歩を楽しめる場所も整備されています。
ただし、駅前や井の頭通り、山手通りに連なる道路は、道幅の割に交通量が多いので、通行するときは注意してください。

なお、私立の小中学校は徒歩圏内にありませんが、学区内の小中学校は、エリアのどこからでもアクセスの良い立地です。
また、渋谷区立西原小学校と富谷小学校の近くにはそれぞれ図書館があり、小さいころから本に触れさせることができます。
また、笹塚寄りにある東京消防庁の消防学校など、ほかには見られない学校があることも特徴です。

古い寺社からイスラム文化と触れられる貴重なモスクまで

代々木上原を代表する建物といえば、井の頭通り沿いに立つ「日本音楽著作権協会(JASRAC)」と隣接する「古賀政男音楽博物館」です。
日本を代表する作曲家の名を冠した建物では、毎月さまざまなコンサートや企画展が開かれ、昭和のメロディに触れることができます。

通りをそのまま西に進むと、日本ではあまり見られない建築様式のモスク「東京ジャーミィ・トルコ文化センター」があり、異国情緒たっぷりの館内を見学することが可能です。
ここには、東京の各地からイスラム教徒の人が礼拝に訪れますので、西欧とは違う異文化交流を楽しむことができますが、特に女性は服装に制限がありますので注意してください。

一方、駅の北側には應慶寺、子育て地蔵尊といった規模の小さい宗教施設があり、「日本的な情緒」を楽しむことができます。
日常の中に伝統ある風景や物が取り込まれていることは、商店街ののぼりからも感じられるでしょう。
また、山手通りを渡ったところには代々木八幡宮があり、こちらも散歩コースにぴったりです。