品川区の不動産特集

住建ハウジングがご紹介する 品川区の不動産件数(2017年12月現在) 300

品川区の新着不動産をピックアップ

品川区のの不動産を売買されたお客様の声

購入
・新築戸建
担当者の親しみやすいキャラが気に入って購入を決めました!
購入
・新築戸建
2つのロフトの片方は子供用で、もう片方は自分のスペースにして行こうかなと
購入
・事業用
既に次の収益物件を当社のハウジングアドバイザーとご検討中です!

その他のお客様の声を見てみる

品川区のあなたに合った不動産を探してみる

不動産の種類から探す

新築一戸建て 中古一戸建て
中古マンション 土地・売地
事業用物件(投資物件)

不動産の条件から探す

1億円以上の高級物件 100㎡以上の広い物件
駅近5分以内の便利な立地 日当たりの良い物件
高台にある住環境の良い物件 免震・制震設備の充実した地震に強い物件
高級感あふれるタワーマンション ペット相談可なマンション

他社掲載物件

SUUMO HOME'S

品川区の人気エリアの不動産を探してみる

地域名から探す

 ・長者丸  ・城南五山(島津山・池田山・御殿山・花房山・八ツ山)

品川区のってどんなところ?

品川区の概要

東京23区の中で西部に位置しているのが品川区です。人口は約38万人、世帯数は約21万世帯(2015年現在)となっています。品川区は、日本航空やローソン、楽天(2015年に世田谷区玉川へ移転)といった東証一部上場の大手企業の本社が多いことでも有名です。そのため、高所得者向けの高級マンションや一戸建てといったように投資や売買に適した不動産が集中していることが特徴として挙げられます。

品川区 各地区の特徴

昔から交通、交易の拠点として栄え、考古学発祥の地である大森貝塚をはじめとして史跡も多く点在している品川区。大きく分けると、品川地区、大崎地区、大井地区、八潮地区、荏原地区の5地域があります。
品川地区は、旧東海道品川宿時代街並みに、品川浦の水辺空間など歴史と伝統を今に伝える雰囲気に加え、品川駅周辺を中心とした商業地が醸し出す先進性ある魅力が融合しています。そこには、東京の玄関口としてふさわしい光景が広がります。
鉄道が整備され新宿、渋谷、臨海の副都心とダイレクトにつながったことから、注目を集めているのが大崎地区。街には高層マンションやオフィスマンションが立ち並ぶ近代的な雰囲気の中に、池田山公園や目黒川桜並木など四季の移ろいを間近で見られるスポットも点在。池田山、島津山などの高台は閑静な住宅地としても知られています。
大井地区は、区内外の人が多数訪れるスポットの多さが特徴。中でも、しながわ水族館、大井競馬場、大森貝塚遺跡庭園などのレジャースポットは庶民に親しまれています。また、勝島運河沿いは、しながわ花街道が整備されたことで可憐な水辺空間となっています。
八潮地区は、緑と水辺に囲まれた地域で、計画的に作られた大規模団地・八潮パークタウンが有名です。大井ふ頭中央公園、潮風公園といった整備された都立公園があるほか、学校や図書館、高齢者施設なども各世代に向けた環境が整っています。
荏原地区は、武蔵小山、戸越銀座といった商店街があり利便性に優れています。防災、減災対策も進んでおり、住みやすい環境になっています。

品川区の不動産概況

品川区まちづくりマスタープランによると、2000年から増加傾向にある品川区の人口は、2035年まで緩やかな伸びを続けると試算されています。
2006年の土地利用構成比を見てみると、区全体で、住宅系土地利用が30.5%と高く、続いて工業系8.9%、商業系7.1%。建蔽(けんぺい)充足率を見てみると、地区別では荏原地区68.4%と最も高くなっています。
2008年度の住宅ストック数は、185,130戸で、建て方別では共同住宅3階以上が大きく増加し、全体の6割を占めています。

品川区ので不動産の購入をお考えのお客様へ
  住建ハウジングはお客様のお探しの物件をご一緒にお探し致します。
  無料の会員登録を頂ければお客様のご希望にあった非公開物件もご紹介します!
1分でかんたん!無料会員登録

その他の東京都の特集ページ

城南エリア

世田谷区品川区
目黒区大田区

都心部

千代田区 ◯ 港区
中央区 ◯ 渋谷区
新宿区

城西エリア

中野区 ◯ 杉並区

城北エリア

文京区 ◯ 豊島区

北多摩地域

武蔵野市

ページトップへ