東京不動産 住建ハウジング

賃貸購入徹底比較
賃貸・購入
それぞれ
メリットは?


マイホームの「賃貸」「購入」を比較

(マ):マンションのみ
  賃貸 購入
費用の比較

初期費用

敷金、礼金
仲介手数料
(家賃の4〜6か月分程)

頭金
諸費用(物件価格の3〜8%)
仲介手数料
(物件価格×3%+63000円)
(マ)修繕積立基金
毎月支払

家賃
管理費
駐車場代

ローン支払い
(マ)管理費、修繕積立金、共用施設使用料

固定資産税
(年単位)

住宅ローン控除などの優遇あり

将来的にかかる費用

家賃負担継続
引越のたび初期費用かかる
2年ごとに更新料かかる

ローン完済で住宅費大幅減
メリット 住替えで住居費の増減がしやすい 将来的な負担が見通せる
住宅の特徴
立地
利便性
駅近多い
通勤・買物など利便性重視
駅から離れるが、静かで落ち着いた環境重視
広さ
間取り
単身者・少人数向けのワンルームや2DKなどが主流 3〜4LDKなど、広いファミリー向けが主流
共用施設
(マンション)
高級賃貸物件以外期待少

大規模物件になるほど充実

設備
仕様

最近の住宅なら充実。
宅配ボックス

築年数が浅いほど標準設備(IH、床暖房等)が充実。
太陽光発電設置しやすい
構造 利回り優先
コスト重視
長期利用が前提なため頑丈
管理 大家・管理会社が管理 自己管理
ペット 不可多い ほぼ自由
近所付合い 無くても支障なし 町内会、管理組合など住民同士のコミュニケーション機会多い
住み替え
自由さ
住み替え自由だが、部屋の破損や汚れに気を使う。
リフォームしにくい
売却・賃貸に出すなど負担あり。リフォーム自由
結論 住み替えの自由が最大のメリット。
老後の住居費を別途準備する必要あり。
生活の自由度が高い。
老後の安定した生活のため、ローンは早めの完済が吉

巷で言われているとおり、「賃貸」と「購入」に絶対的な優劣はなく、本人のライフプランに寄与するところが大きいといえます。

住宅を購入することは投資的な意味合いもあり、資産価値の高い物件を購入することができれば、将来の大きな自己資産となります。

既に将来の生活設計が見えていているならば、ローンを早期完済し、老後の安心を得るためにも、早めの購入がおトクです。

東京には資産価値の高い物件がたくさんございます。
物件をご覧になりたい方は、物件検索をご利用いただくか、直接弊社にお問合せください。
☆★お問合せ頂いたお客様には、一般には公開できない、好条件の未公開物件もご紹介いたします★☆

>>メールで問合せ
>>電話で問合せ

>>物件検索


住建モバイル>賃貸・購入比較

住建ハウジングトップ
お問い合せ
電話 メール
…………………
不動産情報なら首都圏最強の
売買不動産物件検索サイト

PC版は
http://www.juken-net.com/

…………………
プライバシーマーク 当社は個人情報の取り扱いが適正に行われていることを認定するプライバシーマークを取得しています。
(C)juken housing
▲ページの先頭に戻る