住建ハウジングは、高級家具から装飾品まで様々なジャンルの熟練工やエキスパートとの
国際的なネットワークも 充実しています。 住まいに関することならどんなことでもご相談下さい。
今回は板ガラス協会に取材へ行ってきました。
エコガラスとは?
クーラーをつけてもいつまでも暑い、ストーブをつけてもいつまでも寒い。それは涼しさや暖かさが、窓からどんどん逃げて いるからです。極端にいえば、窓が網戸の状態でクーラーやストーブを強くしているようなもの。これでは不快なうえにエネルギーのムダ使いです。部屋の暖か さや涼しさを逃がさない窓ガラスにすることで、エネルギーを無駄なく効率よく使うことになり、家計はもちろん、限りある資源を大切にすることにもつながり ます。
エコガラスは、優れた断熱性能と遮熱性能によって、窓ガラスからの熱の出入りを防ぎ、室内を快適に保つとともに、家電製品によって発生するCO2排出量を削減するガラスです。なんとその効果は25本のブナの木が年間に吸収するCO2量に相当します。
エコガラスを使った住宅は、夏は暑くなりにくく、冬は冷えにくくなるので、暖冷房の効率がアップします。つまり、少ないエネルギーで効率よく、快適に暮らすことができるのです。エコガラスは、快適な暮らしと環境保護を両立し、光熱費の節約にもうれしい、優れものです!

エコボールで冬を体験
エコガラスの断熱・遮熱性能をその場で体感できるツールとして、「冬の寒い部屋の窓際」を体感できる《エコボール》を体験できます。
ボールの中に入った冷気の上にガラスを挟み、その上に手を乗せて冷たさを比べるのです。
左は一般ガラス、中央はペアガラス、そして右がエコガラス。
一般ガラス、ペアガラスは共にひんやりしているのに対して、エコガラスはまったく冷たさを感じません。冬を体験
夏の窓際を体験
下の写真は「夏の暑い西日の射す窓際」を体感できるセットです。
こちらも一枚ガラス、ペアガラスとエコガラスを比べることができます。
少し触っただけで、窓際の暑いジリジリを解消してくれるエコガラスの威力がわかります。夏を体験

今のサッシはそのまま。簡単にエコガラスに交換できます。

それでも窓ガラスを取り替えるのは面倒だという方にも安心。
取り付けがとっても簡単なんです。
今の窓ガラスを抜き取って厚み変換部材のアタッチメント付エコガラスを差し替えるだけで完成!
窓ガラスは一度リフォームをすれば、破損したり寿命がきたりするまで、取替えの必要はありません。
また、給湯装置のような機械装置ではないため部品の交換や整備は不要、
メンテナンスが簡単なのも魅力です。
普通の窓ガラスと同じように、お手入れは窓拭きだけで結構です。
住宅版エコポイント制度のポイント数等が発表されました

なんと年内であれば省エネ、リフォーム減税につき工事費用の10%還元だそうです!

また、国土交通省・経済産業省・環境省は「エコ住宅へのリフォームに対して住宅版エコポイント制度を創設する」と発表しました。
エコリフォームの内容として、窓の断熱改修
(内窓設置(二重サッシ化)、ガラス交換(複層ガラス化))が含まれています。

ガラス交換に伴うポイント数
7,000P(大;面積1.4u以上)
4,000P(中;面積0.8u〜1.4u未満)
2,000P(小;面積0.1u〜0.8u未満)

(エコポイント発行対象期間:平成21年5月15日〜平成22年3月31日購入分まで)
まさにエコガラスでエコポイントですね。
板硝子協会

今回ご紹介した動画では
板硝子協会さんのご協力をいただきました。
商品に関するお問い合わせは
住建ハウジングまでメールにて承っております。
お問い合わせフォームへ

お家探しの
コーディネートは
住建ハウジングに
おまかせ下さい!
エリアで探す-東京不動産(一戸建て、土地)- 沿線で探す -東京不動産(一戸建て、土地)-

ページトップへ